プロジェクト

2005-07-09

外部資金・競争的資金等による調査研究プロジェクト

技術リスク管理のための社会システムの歴史的発展過程に関する研究

❖ 科学技術研究費補助金「特定領域研究」の「日本の技術革新-経験蓄積と知識基盤化」の「計画研究」(領域代表:国立科学博物館理工学研究部清水慶一室長)(平成17-21年度)


アジア言語情報技術資源ネットワークの構築

文部科学省科学技術振興調整費,我が国の国際的リーダーシップの確保,H17 - H19
工学基本語彙対訳辞書作成プロジェクト(TECHTERM)


情報政策の立案・点検のための目標/指標体系

❖ 科研費 基盤B,H17 - H20


アジアの電子政府に関する調査とポータルサイト構築・運営

国際情報化協力センターとの共同研究,「アジアの電子政府」ポータル


UCSを用いたCollating Weightの設計法

❖ 科研費 萌芽研究, H16-H18


言語間デジタルデバイドの解消を目指した言語天文台の創設

ネットワーク上でいろいろな言語がどの程度使われているのかを観測しようというプロジェクト.天空の星の観測になぞらえた命名.科学技術振興機構の援助を得て,本学と東京外国語大学,慶応義塾大学,各国の関係機関が共同で取り組んでいる.このプロジェクトの背景には,世界では6000を超す言語が話されているが,インターネット上で使用されているのは,ほんの一握りであるという現実がある.こうした言語間デジタルディバイド(情報格差)について、広く関心を喚起し,インターネットからもれている言語のデジタル化を支援することを目指している.

❖ 科学技術振興機構(JST) 社会技術研究システム(RISTEX), H15.10月-H18.9月
Language-Observatory.org
Language Observatory BLOG



16:07:34 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=125: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

技術リスク管理のための社会システムの歴史的発展過程に関する研究

研究目的: 技術リスクを管理する社会システムの主要な構成要素として、事業者、消費者、労働者、規制当局(政府)、保険事業、検査機関、技術者協会等の行為主体がありうるが、日本の明治以来の近代化過程では、自己責任原則に基く民間部門が未成熟なまま近代技術の導入を進めざるをえなかったため、政府主導・法令主導・事前規制型の社会システムが構築され、民間部門における保険事業、独立検査機関や専門職集団たる技術者協会の積極的参加を促す社会システムの形成が遅れた。

WTO/TBT協定成立後の今日、安全や環境問題をはじめとする技術リスク管理に関して求められている国際整合化とは、単に技術的基準を国際的に整合させることだけではなく、第三者による適合性証明か国家検査か、第三者によって認証された技術者資格か国家資格か、といった技術リスク管理に関する社会システムそのものの整合まで含むものである。言うまでもなく、こうした社会システムはそれぞれの地域における法制度や歴史等を反映して、単一のモデルへと収斂し得るものではないが、社会システムの制度設計にあたっての基本的な枠組みとそのバリエーション(変化形)とを、産業革命初期の淵源まで辿って歴史的文脈、国際比較の文脈から明らかにすることが本研究の目的である。

資金:科学技術研究費補助金「特定領域研究」平成17年度新規領域「日本の技術革新-経験蓄積と知識基盤化」(領域代表:国立科学博物館理工学研究部清水慶一室長)の計画研究課題として採択(平成17-21年度)

関連サイト: 計画研究ホームページ日本の安全規制法年表ボイラーコードの歴史年表電気安全基準の歴史年表建築関連法規の歴史年表国立科学博物館の特定領域ホームページ

14:18:22 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=347: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

2005-07-01

アジア言語情報技術資源ネットワークの構築

母国語による情報処理技術の基盤となるコーパス、辞書などの言語情報技術資源の収集・整備・共有のためのアジア地域における専門機関ネットワークを構築することにより、アジア発の情報技術創出に貢献する.本事業の実施終了後には、欧州における「欧州言語資源協会」(ELRA)に相当するような恒常的な活動基盤を構築することを目標とする.関係機関と専門家を発掘し、恒常的組織の基礎となるネットワークを形成するため、「アジア言語資源ワークショップ」(仮称)を三年間にわたり開催する。また、共有資源形成の核となるコーパス、辞書等の言語情報技術資源の収集を行う.

❖文部科学省 科学技術振興調整費 平成17年度採択テーマ,プログラム名「我が国の国際的リーダーシップの確保」

00:07:46 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=341: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

2005-06-30

言語間デジタルデバイドの解消を目指した言語天文台の創設

地球上には6,000を超える言語があるといわれるが、デジタルネットワーク上で不自由なく利用できる言語は一部に過ぎない。こうした「言語間デジタルデバイド」解消を目指して、ネットワーク上の多様な言語活動を継続的に観測する言語天文台を創設する。 具体的には、デジタルな言語表現の基礎となる文字コードに着目し、WWW上のテキストを自動的に収集し、言語属性を判別して、言語別活動量を推定するとともに、蓄積した関連基礎データを内外に提供します。また、UNESCO等と連携して、全ての言語・文字の利用者に対してアクセス機会を拡大するための方策を提言する。
科学技術振興機構(JST) 社会技術研究システム(RISTEX), H15.10月-H18.9月
Language-Observatory.org
Language Observatory BLOG
22:42:32 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=340: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

UCSを用いたCollating Weightの設計法

国家的規範として或いは権威ある辞典の配列として創作・継承されてきた《辞書配列順序》は、辞典のみならず各種名簿や電話番号簿など日常生活のあらゆる局面において情報検索の重要な手がかりとして活用されており、この配列への並替え操作は基本的情報処理操作のひとつである。符号化されたデータをbinary sortingにより辞書順序へと整列することができれば至極便利であり、文字符号表の設計者達はこうした並替えを可能とするような文字配置を実現することを符号表設計上の重要要件としてきた。一方、Internationalizationの要請にこたえて、世界中の言語に対応する《国際符号化文字集合Universal multiple-octet coded character set》の開発が進められ、1993年にはISO/IEC 10646となった。複数の文字体系に属する文字集合を網羅するこうしたユニバーサルな文字符号表においては、符号位置はもはや配列順序を決定する情報とはなりえず、配列の手がかりとなる情報はcollating weightとして独立に定義されることとなった。本研究は、特にインド系文字を主たる対象として、国際符号化文字集合におけるcollating weightの設計方法及びその基礎となる理論を確立しようとするものである。
科研費 萌芽研究, H16-H18


22:40:26 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=339: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

アジアの電子政府に関する調査とポータルサイト構築・運営

アジアの電子政府に関する調査研究を行い、その成果をポータルサイトを通じて提供する。国際情報化協力センターとの共同研究プロジェクト。
「アジアの電子政府」ポータル


22:39:05 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=338: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

安全社会を創成する先進技術教育プログラム-eSAFE-

安全・安心に関する工学、法・制度、文化を総合的に教育するeラーニングプログラムを提供する。三上は「安全規制とマネジメント」に関するコースウェアの開発を分担している。
H16年度現代的教育ニーズ取組支援プログラムに選定


22:37:13 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=337: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

情報政策の立案・点検のための目標/指標体系

本研究の目的を一言で表すならば、国連のミレニアム開発ゴール(MDGs: Millenium development Goals)と同様に検証可能な、階層構造を持った政策目標とこれを検証するための指標からなる情報政策目標の体系を構築することである。
 途上国の開発にとって情報通信技術の活用に対する期待はきわめて大きいが、情報通信技術へのアクセスにおいて地域間、国家間の格差は引き続き大きいのが現状である。
 そして、こうしたデジタルデバイドの現状を示す指標として、ITU(国際通信連合)のDigital Access IndexやEconomist誌のe-Readiness Indexなど、これまでにも幾つかの指標が開発、利用されてきたが、その多くは、通信回線数やパソコン台数などのアクセス手段の利用可能性に着目した手段的目標から構成されるものであった。しかし、情報通信技術へのアクセスはそれ自体が政策目標なのではなく、より高次元の政策目標と関連付けた成果指標の開拓やその体系化が求められている。こうした認識に立ち、本研究は,経済社会発展を目指した情報通信政策の立案・政策点検を行うための政策/指標体系の構築を目指すものである.
科研費 基盤B,H17 - H20


22:34:41 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=336: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

2005-05-07

PROJECT ARCHIVE INDEX

言語天文台プロジェクト

Archive List [All]
All categories, all items.
Archive List [LOGBOOK]
Official logbook of the Language Observatory Project (LOP)
Archive List [TO DO LIST]
Language Observatory Project TO DO LIST

工学基本語彙対訳辞書作成プロジェクト

各国ICT指標のインタラクティブデータベース開発



19:56:52 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=298: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments

2005-04-05

調査研究テーマ候補リスト

言語天文台関係はLOP TO DO LIST参照

電子政府・地域情報化関係(eGov seminar)

住民基本台帳カード応用
KASIX事業のフォローアップ
各国のIDカード利用動向調査
IDカードパスポートの動向調査


電子自治体と地域情報化
電子政府の評価指標体系
アウトソーシングに伴う諸問題
情報公開度評価
e-Japan戦略における電子自治体と個人認証基盤
自治体が取り組む地域情報化の評価指標の開発


漢字コードと電子政府
住民基本台帳ネットワーク統一文字や登記事務での人名,地名表記漢字


基盤的技術

文字列照合を用いたテキスト変化量の測定方法


国際ビジネス・国際関係の分析

Global Business Development
e-service agent model
Alibaba.comと中国経済国際化
Vietnamese Tourism Industry Development


Other International Issues
条約加盟状況データベースに基づくGlobal Compliance Indexの開発
Google Page-rankの手法によるハブ空港の分析


23:15:07 - Mikami - mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=205: Table './nucleus/nucleus_comment' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed

No comments